土地の生前贈与と相続

Land search Navigation

土地の生前贈与による贈与税・相続税の節税

土地の生前贈与による贈与税・相続税の節税 生前贈与、言葉のままですが、土地の所有者が子供や配偶者に生前贈与する手続きのことを言います。一番多くメリットも大きい2つを取り上げたいと思います。
1つは、相続時精算課税の特例を使う2500万円の非課税枠を利用する方法です。条件があり、65歳以上の親から20歳以上の子供へ贈与する場合2500万円まで非課税にすることが出来ます。
うらやましい話ですが、この制度を利用するとその後2500万円を超えた場合は一律20%の贈与税がかかるというデメリットもあります。
もうひとつ、こちらはほほえましい話ですが、夫婦間贈与の特例を利用した2000万円の非課税制度です。条件で一番厳しいのが婚姻期間で20年以上経過していることが絶対条件です。1年当たり、100万円と考えると、基礎控除の1年110万円の非課税と比較してもそれほど変わらない点が納得です。
もうひとつの条件としては贈与を受けた土地・家にはそのまま住み続けるのが条件です。また、同じ相手に一生で一度の利用という細かいチェックポイントもあります。
夫婦生活も長いと40年、60年となりますので、2回、3回使えるかというとそうではない点に注意が必要です。
あまりこの生前贈与の制度を利用して息子等に贈与しすぎると、長生きリスクを回避できないと意味がありませんので何事も限度が大切です。

土地の相続税で損をしない為に

不動産の中でも特に土地の相続における相続税には、その土地のありようによって全く価値が変わってきますので、注意が必要です。
「ありよう」とは、土地の利用のされ方です。一番悪い例(使っていない更地状態)、貸付ていた場合、自らの居住用、事業用に利用していた場合の順番です。
相続税はお金持ちのものっていうイメージは一昔前のもので、基礎控除額が40%減になった現在、誰しもが支払う可能性が出てきたといっても過言ではないです。
特に土地ともなると後学ですのでその取り扱いには十分な注意が必要です。更地あ一番悪いのは、そのまま、ほぼ路線価によって相続税評価額が決まってしまうからです。200平米で路線価が30万円ですと単純計算で6000万円の評価です。相続人の数によっては、最小で1人としたら基礎控除は3600万円。オーバーした2400万円はそのまま税金がかかってきます。
速算で約300万程度ですが、万一、対策を講じていて貸し付けていたらその価値は大よそ半分で評価され3000万円です。税金はかかりません。
他の試算もあるでしょうが、少なくとも不動産においては3000万円カバーできたことになります。
少しの知恵で大金を支払うか全く払わずにすむかの違いが出てくるのでご両親がお年を召してきて相続が発生しそうになったら恥じることなく税理士や弁護士に相談することをお勧めいたします。

ページトップへ
コピーライト