よい土地物件の探し方

Land search Navigation

よい土地物件の探し方

土地を買うなら、できるだけよい所を選びたいものです。よい物件の探し方は、以下のとおりです。
一つ目は、「市のホームページから探す」。土地を買おうとしている市のホームページで、「保留地」を調べるというやり方です。仲介手数料などが要らないので、かなり安く手に入れることができます。
土地物件の探し方二つ目は、「実際に見て回る」。希望の場所を、車などで探索するというやり方です。現物を直接見ることができますし、インターネットでは得られない情報なども手に入れられたりするので、実は最も効果的なやり方といえます。
三つ目は、「知り合いに尋ねる」。これは、銀行員や司法書士の知り合いがいる人におすすめのやり方です。これらの職業は、不動産と関わることが多いですから、おいしい情報を持っていることが多いのです。
ただし、尋ねる相手は選ぶ必要がありますし、彼らに紹介してもらったとしても、実際に買う時は不動産業者を通すことが多かったりするので、その辺は注意してください。

土地の賃貸のメリット

土地に関して何もしない場合、固定資産税や都市計画税などコストがかかってきます。また更地の場合ですと、税金の負担がさらに大きくなります。住宅などを建てると課税評価額を下げることでき節税の効果がありますが、建物の維持費がかかってきます。
そういったコストを抑えるために、土地を賃貸する方法があります。他の人に貸し出す借地権と言うものがあり、固定資産税や都市計画税といった税金の負担は貸主が追わなければならないのですが、借主に対しては地代として毎月賃料を徴収することができます。
さらには、建物の維持や管理に関しては借主の負担となるため、余分なコストがかからないといったメリットもあります。
さらに、更地にして居る場合は税金などの出費で赤字だったものが、土地の賃貸によって税金を上回る額を入手することができれば、賃料により黒字に転換させることができ、収入を生み出せる資産ともなります。
また、住宅が建つ場合は、節税の効果もあり、コストを低く抑えられるといったメリットになります。

ページトップへ
コピーライト